きなちゃんとダンくん!

我が家の猫、ペットショップで売れ残り出身の”きなこ”と保護猫出身の”暖(ダン)”が主役の猫写真ブログ。

しっかり食べて元気な”きなちゃんとダンくん”

 今日もきなちゃんとダンくんは元気いっぱいです☆彡
 食欲も旺盛!食べまくりです!


きなちゃん「むしゃむしゃむしゃむしゃ、はむはむはむはむ・・・」


きなちゃん「美味しっ!美味しいなぁ~♡」


ダンくん「ガツガツガツガツ・・・むしゃむしゃむしゃむしゃ・・・」


ダンくん「やっぱ、”カリカリ”は最高だなぁ・・・幸せぇ~♡」


 今日もしっかり食べて元気に育っている、きなちゃんとダンくんです☆彡

保護猫施設”一般社団法人アニマルエイド”支援団体「容(くるみ)の会」の写真部門会長となりました

 このブログの主役は”きなちゃんとダンくん”なので、あまり私自身の事は書くつもりはないのですが、ここのところ私自身の事を書いた記事を載せている事を、きなちゃんとダンくんを楽しみにこのブログを訪れてくれる方々にお詫び申し上げます。


 大切な事を皆様にお伝えする為、今日また、こうして自分自身の事を書く事、そしていささか長い文章になる事をお許しください。そして、お付き合いください。



 本日、H2018年12月20日をもって正式に”保護猫施設・一般社団法人アニマルエイド”の支援団体「容(くるみ)の会」の写真部門が発足し、その写真部門会長に就任しました。


 ここで”保護猫施設・一般社団法人アニマルエイド”の支援団体「容(くるみ)の会」について簡単に説明しておこうと思います。


 保護猫施設・一般社団法人アニマルエイドは一般社団法人であり、一般の企業などと異なり利益を目的としていません。
 それゆえに、アニマルエイド自体の運営では、当然、猫の保護と維持に限界があります。
 猫の保護と救済は社会的にも絶対に必要です。
 それを疎かにする事は猫という動物の命をみすみす危険にさらし、一般市民への迷惑にもつながりかねず、最終的には処分という悲惨な結末を猫達に強いる事になるからです。
 動物愛護法を甘く見てはいけません。
 しかし、個人の力では、多くの猫を保護救済する事は当然難しく限界もあります。施設や団体に依頼するしかありません。
 しかしその施設団体でも、当然限界はあります。


 そこで、この「容(くるみ)の会」は、保護猫施設の一つであるアニマルエイドを全面的に支援し、保護猫施設であるアニマルエイドの正式スタッフでなくてもアニマルエイドを支援し猫の保護救済に協力しようという団体です。


 ようは、「容(くるみ)の会」は「アニマルエイドという保護猫施設を支えてあげようという団体」です。


 私はその「容(くるみ)の会」の写真部門の会長というわけです。


 そして、私が就任した「容(くるみ)の会」の写真部門というのは・・・


 猫の写真を保護猫と里親となって下さる方々の縁結びの役目になろう!
 保護猫たちの写真で保護猫施設であるアニマルエイドを支えよう。
 と、いうものです。


 保護猫にとって、その姿を写した写真は里親との出会いを決定づけると言っても過言ではありません。


 保護猫施設のブログやホームページで見た写真で保護猫を引き取りたくなった方々や、保護猫に会ってみようと保護猫施設に足を運んだ方々は無数におられます。
 保護猫にとって、写真は第一印象を決定づける要素の一つであり、人との出会い、里親との縁を左右してしまうほど大切なのです。


 だから、めいいっぱい、一匹一匹の猫の個性やその猫の魅力と可愛らしさを写真で表現し、保護猫の譲渡に繋げようというのが、この「容(くるみ)の会」の写真部門の究極のテーマです。



 もちろんこのブログは”きなちゃんとダンくん”が主役なので、これからもきなちゃんダンくんをメインに記事をあげていきます。


 ですが、こうしてアニマルエイド支援団体「容(くるみ)の会」の一部門(写真部門)の会長になった以上、時折ですが、そちらの記事も書かせて頂く事をご了承ください。


 ダンくんはアニマルエイドの保護猫でした。
 アニマルエイドを支援し支える事は、ダンくんの命を守ってくれたダンくんの故郷を守る事でもあります。


 ダンくんとの出会いは、私に猫写真でダンくんと同じ保護猫達の譲渡に繋げたいという想い。
 きなちゃんとの出会いは、私に猫写真できなちゃんと同じようにペットショップで売れている猫達の魅力に気付き、飼い主と結ばれれば・・・という想い。
 その二つの想いをきなちゃんとダンくんからもらい、私は猫写真を始めました。


 だから、アニマルエイド支援団体「容(くるみ)の会」の一部門(写真部門)の会長になったという事は、私個人としては、きなちゃんとダンくんからもらった想いの実現でもあるわけです。



 アニマルエイド支援団体「容(くるみ)の会」の写真部門に関しては、現在「容(くるみ)の会」のホームページの中のページとして現在作成中です。


 当面は会長である私と副会長そして部員含め計4名の小規模で活動し、写真部門の実績と部門としての結束を積み上げていこうと思っています(発足時から大人数だと結束が形成しづらい事、写真部門自体の活動の小回りが利かない事、そして”幽霊部員発生”の防止の為という私の考えからです)。



 ・・・というわけなので、それに伴い、このブログのハンドルネームを、歴史(辰姫)研究時に用いているペンネーム”大館平蔵”から、苗字(カタカナ)に変更させて頂きました。
 流石にこのブログは、きなちゃんとダンくんが主役の私個人のブログなので、本名フルネームをそのまま名乗るのは「ちと重いな・・・」と思ったので。



 と、いうわけです。
 これからも皆様、きなちゃんとダンくんを宜しくお願い致します!
 そして、ダンくんの故郷である”保護猫施設・一般社団法人アニマルエイド”とその支援団体「容(くるみ)の会」写真部門もまた宜しくお願い致します。



ダンくん、ダンくんと同じ保護猫たちの里親との縁結びになる為に写真で頑張るからね!


きなちゃん、売られている猫だって保護猫同様に尊い命だって私が写真で気付いてもらえるように頑張るからね!